末端冷え症とは

こんにちは、行橋駅前店です。

本日は女性の方が特に悩んでらっしゃる末端冷え症についてです。

よく体は温まっているのに、手足だけが温まらずに冷える症状のことです。体を動かして体が温まったように感じても、手足が温まりにくいという特徴があります。

原因として、体内の血行不良でして体内に血液を送る心臓は、体の中心にあるため血液の流れが悪い人は体の末端に血液を運ぶことができないのです。

この血行不良の1番の原因は「筋肉」なのです!筋肉の収縮は血液を全身に送るポンプのような動きをするため、筋肉量が少なかったり、筋肉の動きが小さかったりすると血行不良に陥り冷えが起こるのです。

男性よりも筋肉量の少ない女性に冷え症が多いのは、このためです。

改善運動として

・手足の力を抜いて、手首、足首をブラブラさせます。血液が末端に流れやすくなります。

・足の指が動きにくい場合は足の指を手でつかんで、ぐるぐる回すことで血行を促進する効果が得ら れます。親指から始めましょうね。

効果のあるエクササイズ

・スクワット

①肩幅より少し広めに両足を開いて立ちます。背筋をのばし、両腕を頭の後ろで組みます。

②背筋を曲げずに、ゆっくりと腰を落とし太ももが床と平行になったところで止まり、息を吐きながら  ゆっくりと①の体勢に戻していきます。これを10~20回繰り返します。

・足湯

ただの足湯ではそれほどの効果はありませんが、足を温めることで血流が促進され効果はありますが根本的に冷え症を改善するのがお湯と冷水に交互に足を入れる足湯です。足が冷やされることで体を自力で温める機能が活性化されるだけでなく、新陳代謝につながります。

このように自宅や出先でもできることです。なので、冷え症は病気ではありませんがさまざまな体の不調や病を引き起こす恐れのある危険なものです。単なる冷え症と甘く見ず、改善に向けて出来るものから始めてみてください。