妊婦さんのマッサージ受けれます♪

妊娠中は肩こりや腰痛など、様々な体の痛みや不調が出てくる時期です。ホルモンバランスの変化と赤ちゃんの成長にともなって、妊娠中には色々な場所に痛みが出てくることがあります。

誰にどんなトラブルが出てくるかは、体質や季節、赤ちゃんの成長の状態によっても様々ですが、痛みが酷い場合はマッサージなどを活用してみるのも一つの方法です。

人気のむくみ取りマッサージ

肩こりや腰痛を緩和させつつ、むくみを取るためのマッサージも取り入れているメニューは特に人気があります。

妊娠中はお腹が大きくなっていき、上半身が重くなって下半身の血流が滞るため、脚が非常にむくみやすくなります。そこで、マッサージを定期的に施すことによってすっきりとさせ、全身の循環をスムーズにします。

リンパドレナージュがおすすめ

アロママッサージなどは脚を中心にケアしているお店も多く、マッサージに使うオイルは好みの香りを選べるので、リラックス効果も期待できます。

アロマオイルには妊娠中に禁忌とされるハーブもありますが、当店ではあらかじめ危険なハーブを避けて使用しています。

症状に合わせて部分施術も有効

肩だけの施術、あるいは肩から背中まで、腰まで、あるいは肩から腕にかけての一部分など、気になる部分のみの施術も受け付けております。

妊娠初期にマッサージ施術を受ける場合の注意点

妊娠初期はデリケートな状態であり、赤ちゃんの成長もまだ十分ではありません。

いくら母子ともに健康体とはいっても、初期のうちは頻繁にマッサージに通うのは避けた方が良いとされています。

血行を促進させることは一見プラスに思えますが、促進させすぎても胎児にとってマイナスに作用したり、流産の危険もあると言われています。

妊娠中の腰のマッサージについての注意点

普段腰痛のマッサージではうつ伏せになる必要がありますが、ここでお腹を圧迫すると重さがお腹に集中してかかり、子宮にも重さによる悪影響が考えられますので、当店では横向きでの施術になります。

妊娠が進むにつれ体重が重くなっていますから、腰を強く押す行為は避ける必要があります。

妊娠中の足や足裏のマッサージについての注意点

また、むくみ防止に効果的な足や足裏のマッサージは一見子宮とも赤ちゃんとも関係がなさそうですが、いわゆる「ツボ」が多数存在するため、妊娠中の体に影響を与えることもあります。

マッサージに適した時期

赤ちゃんへの負担を考えると、妊娠初期のマッサージは控え、16週目以降の安定期からお腹が大きくなってくる8か月目より前の時期を目安にマッサージを受けるようにしましょう。

お腹が大きくなると動くのも大変になり、施術を受ける際にも体勢をキープすることが困難となります。

もちろん事前にかかりつけの産婦人科医に許可を頂いてから施術を受けてください。

 

同じ妊婦さんでも千差万別ですから、医師のアドバイスには従っておきましょう。

赤ちゃんの健やかな成長と、産後のスムーズな回復のためにもマッサージを最適なタイミングで取り入れて、リラックスを心がけた日々を過ごしてみてはいかがでしょうか。